小学校の英語教育対策|小学生の英語の勉強方法を紹介します

スポンサーリンク

2020年度より、小学校の英語教育が始まります。

小学校で習う英単語の数は、600~700単語になるそうです。

小学校に英語が導入されるまでは、中学で習う英単語の数はおよそ1,200だったことを考えると、中学で習っていた英語の半分は小学生のうちに習うことになります。

膨大な量!

早めに対策しなければっ!

我が家では、小学校一年生の冬から小学校の英語の対策を始めました。

英検を受ける予定がないので、英検の対策はしていませんが、小学校2年生の時点で5級なら確実に受かる程度の英語力は身についています。

今回の記事では、小学校の英語教育と勉強方法について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

小学校と中学校の英語教育の内容

3年生と4年生

3年生から「外国語活動」が始まります。

「外国語活動」は年間35コマ設定されており、聞いたり話したりすることが中心となります。

5年生と6年生

英語が正式教科となり、成績がつくようになります。

授業数は年間70コマ設定され、以前は中学生で習っていた英語を習うようになります。

4年生まではコミュニケーション中心の授業でしたが、5年生からは読むことと書くことも必要になってきます。

中学生

2021年度から中学の英語の授業はオールイングリッシュとなり、これまでよりも英会話能力が求められます。

小学生のうちに、英語での会話がある程度できるようになっていないと、中学の授業についていけなくなってしまうことが容易に想像できます。

また、中学で習う単語数は1,200単語でしたが、そこから大幅に増えて1,600~1,800単語を習うことになります。

 

スポンサーリンク

勉強時間

勉強方法の紹介の前に、勉強時間について話していきます。

私は、本当に英語を身につけたいなら、週一の英語の習い事だけでは足りないと思っています。

幼児の英会話教室などもありますが、それでどこまで英語を身につけられているのでしょうか?

息子は英語の授業のある幼稚園に通っていましたが、月に数回の授業では、動物の名前や形の名前を覚えてくる程度でした。

幼稚園児が英単語を知っていればすごく賢いように思えてしまいますが、英会話にはあまり役に立ちません。

外国人が「まぐろ!いわし!さんま!」など言っていたら、よく覚えたねとは思いますが、それで会話ができるとは思えないのと同じことです。

週1回1時間の習い事だとすると、月に4時間しか英語と触れ合えません。

月に4時間(つまり1年で48時間)しか英語と触れ合わずに、英語が上達すると思いますか?

とんでもない天才でない限り、それはありえません。

ハーフの子が家でも日本語だと英語は日本人と同レベルで、逆に家では英語で会話していると英語が堪能です。

それは、英語と触れ合う時間の差が出ているのではないでしょうか?

時間をかければそれだけでいいわけではありませんが、英語を身につけるためには、たくさん英語と触れ合うことは大きな武器になることがわかります。

だから、我が家では、できるだけ毎日英語の勉強をすることにしています。

具体的には、毎日かけ流しの時間が30分、勉強の時間が30分です。

外に習いに行くのであれば、通う日数や時間を増やすか、家での復習を習慣づけて英語と触れ合う時間を多く取るといいですね。

毎日英語と触れ合うことで、覚えた英語を忘れないメリットもあるので、できるだけ毎日英語の時間を取ることが理想です。

 

勉強方法

小学生の英語で目指すこと

受験勉強としての英語が必要なのはまだまだ先のことです。

一番早くて私立中学受験で英語入試を受ける場合ですが、小学校低学年のうちから試験で点を取るための勉強は必要ありません。

文法や単語練習などのひたすら覚える勉強は、受験のために本格的に塾に通いだしてからでいいと思います。

また、先ほど月に4時間(1年で48時間)の習い事では、英語はあまり上達しない話をしました。

小学校3年生と4年生の授業は年間35コマで、週1で1時間の習い事よりも少ないことになります。

つまり、英語の授業と言っても急激に進むことはないので、焦って英語の知識を詰め込む必要はありません。

上記の理由から、小学生の英語の勉強は、以下の2つを目標として、教材や勉強方法を選択しています。

・フォニックス(正しい発音)を身につけること
・英語の会話を楽しむこと

まずは、フォニックス(正しい発音)を身につけ、英語の土台を築きます。

発音を学ぶと、英単語もある程度は自然と読めるようになります。

次に大事なことは、英語を苦手だと思わせないことです。

難しい教材や単語練習などの作業的な勉強は避け、とにかく楽しむことが大切です♪

勉強方法その1:七田式小学生プリント

かけ流し

朝の身支度の間に、七田式小学生プリントについている「今月の暗唱」をかけ流しています。

今月の暗唱は、英語の物語や詩のようなものです。

長い文章や難しい単語も出てくるのですが、英語をそのまま英語として聞くことが目的なので、内容が理解できなくても気にしません。

何度も繰り返し聞くことで、右脳が働いて英語を早く覚えることができるようになります。

聞くだけなので、子どもに負担もありません。

七田式の今月の暗唱でなくても、英語の歌やお話のCDでもできます。

我が家は朝の身支度の時間にやっているので、朝の流れで紹介していきますが、他の時間でも大丈夫です。

車の中でとか、おやつの時間にとか、各家庭に合った時間でOK♪

暗唱

朝の身支度を終えたら、今月の暗唱の紙を見ながら、CDといっしょに暗唱をするようにしています。

息子はなかなか言えるようにならないので、1日1文ずつ仕上げるようにしています。

度胸のある子や器用な子だと、聞きながらなんとなく言ってできるようになるのでしょうが、息子はそれができません…

あまりにできないので、ゆっくりなスピードにできる東芝の英語勉強用のCDラジカセを買いました。

聞き取れなくて泣いたり怒ったりしてしまう子には、かなりおすすめです。

プリント

暗唱の次は、英語のプリントをやります。

かけ流しと暗唱で英語に耳が慣れているので、いきなりプリントをやるより、暗唱のあとにやったほうが少し楽になる気がします。

プリントの内容は、会話を聞いたり、フォニックスをやったり、英語をなぞって書いたりしています。

だいたい5分~10分で終わる量です。

暗唱の動画を撮る

「今月の暗唱」なので、1ヶ月ごとに内容が変わります。

月の最後には、その月の成果を動画に撮る発表会をしています。

成長の記録にもなるし、だらだらやるより目標ができて、息子はやる気が出るそうです。

勉強方法その2:基礎英語

平日のみ、基礎英語をやっています。

ラジオで聞くと時間が決まってしまっていて、聞き逃してしまうことがあるので、スマホのアプリを使って聞いています。

アプリでは、1週間遅れでしか聞けないのですが、月曜日に1週間分が一気にアップされるので、用事があってできない日があっても、別の日にいつでも聞けて便利です。

基礎英語は、私もいっしょに勉強しています♪

日常の会話が題材となっているので、1日分を聞き終えたら、私と息子で登場人物の担当を決めて、会話を読んでいます。

例えば以下の会話を基礎英語で勉強したとします。

かなみ:Who is she?
めぐみ:She’s Ms.Brown,the new ALT. She’s from the U.S.

この会話を、私と息子で、かなみとめぐみに分かれて会話をします。

最後まで読んだら、担当をチェンジしてもう一度会話をします。

3人の登場人物がいたときは、1人2役にチャレンジ(笑)

1日の量は、たったの15分なので、いっしょに勉強してもそれほど大変ではありません。

また、基礎英語のテキストには、CAN-DOリストカードというフレーズの暗記帳がついています。

それでフレーズを覚えてしまえば、あとは名詞や動詞を変えるだけで様々な会話ができるようになります。

勉強方法その3:フォニックス

これは毎日ではなく、休日など時間のあるときに勉強をしています。

フォニックスは七田式小学生プリントでも出てくるのですが、舌の正しい位置などの発音方法は出てきません。

それを補うために、フォニックスのテキストを買って練習しています。

おすすめのテキスト①

小学英語スーパードリル 発音練習帳
はじめておぼえる大切な音編
著者:安河内哲也/中西智子

このテキスト、表紙はシンプルなのですが、中がすごくおもしろいです。

英語の音がモンスター化されていて、英単語を発音しながらハントしていくという、なんとも斬新な練習方法となっています。

小学生が好きそうなかんじですよね?

英語にまだ興味がなくても取っつきやすい内容で、モンスターの名前と発音方法がリンクしていて覚えやすく、私の一押しのテキストです♪

おすすめのテキスト②

DVD&CDでマスター
英語の発音が正しくなる本
著者:鷲見由理

正直に言います、おもしろくはありません(笑)

でも、写真がたくさん載っていて解説も丁寧で、この一冊で発音は大丈夫だと思えるほどの内容です。

DVDは発音の仕方を解説してくれるので、息子にはまずDVDから始めてもらいました。

そして、DVDを3周ほど観てから、毎朝CDでより詳しく発音の練習をするようにしました。

CDと連動しているテキストは、DVDよりも多くの単語が載っているし、どのようなスペルのときにこの発音を使うかなど、詳しく解説してくれています。

ただ、CD自体は単語の発音しかしてくれないので、CDを聞く前にテキストを読むことが必要です。

英語が好きになったらこちらの本でしっかり発音を学ぶと、中学でオールイングリッシュの授業になったとき、聞くことも話すことも楽になると思います。

勉強方法その4:リトルチャロ

勉強方法というほどのものではないのですが、息子が気に入って見ているので紹介します。

NHKで放送されているリトルチャロ、一度は見たことのある方も多いのではないでしょうか。

このリトルチャロが、たまたま息子に買った電子辞書の中に入っていて、気に入って見るようになりました。

電子辞書は、CASIOのEX-word XD-SK2800WEです。

勉強というより英語のアニメなので、勉強時間にはカウントせず、勉強の合間の休憩時間に見ています。

勉強という位置付けにしていないので、いっしょに発音するようにとか、フレーズを覚えておくようになどのアドバイスはしていません。

ただ遊んでいるよりも、少しは勉強になったらお得だなと思って、息子が見たいときに好きに見せています♪

 

まとめ

これからの英語教育は、聞くことと話すことがより重要になってきます。

今回の記事では、様々な英語の勉強方法を紹介しましたが、どれも英語を話したり聞いたりする能力を高めるためのものです。

気になる勉強方法や、合っていそうな勉強方法を試してみてください!

文章で伝えるとすごいボリュームの勉強方法に見えますが、どれも短時間で終わるものばかりなので、無理なく続けられると思います。

人との会話は楽しいものです。

英語での会話も楽しめるようになりますように♪

勉強方法
おすすめ通信教育ランキング
第1位 Z会

学力アップしたいならZ会!
しっかり勉強したい子向けの通信教育。
基礎から応用まで幅広い問題が用意されています。
中学受験対策にもおすすめ◎

第2位 進研ゼミ

コスパ最強!
全教科+プログラミング+電子書籍1000冊で月々3740円~
色々なプレゼントが用意されていて、勉強に興味がない子でも取っつきやすい◎

第3位 ポピー

学校のテスト対策ならポピー!
学校で使っている教科書に対応した教材が届きます。
シンプルに主要科目の教材だけなので、リーズナブルで財布にやさしい◎

poccoblog