学力を伸ばしたいなら疲れない幼稚園へ!頭のいい子を育てる幼稚園の選び方

スポンサーリンク

幼児の学力をぐーんと伸ばすために、幼稚園選びは少し注意が必要です。

この記事では、頭のいい子を育てたいときの幼稚園の選び方について、書いていきたいと思います。

詳しくは後述しますが、結論としては

幼稚園は性格に合うところで楽しく過ごし、勉強は家で!

これが一番学力が伸びていくと思います。

幼稚園が嫌になってしまうと、通うこと自体のハードルが上がり、家に帰ったらくたくたです。

精神的にも安定しないかもしれません。

幼稚園で疲れ切ってしまったら、家で勉強どころではなくなってしまいます

今回は、そうならないようにするための、幼稚園を選ぶ際の注意点をお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

幼稚園は楽しいのが一番

学力の話をする前に…子どもにとって、幼稚園とは何を学ぶ場なのでしょうか?

幼稚園は、家族と離れ、集団生活を送り、社会性を身につけるための練習の場です。

毎日のように、工作の時間はみんなが工作をし、運動の時間はみんなが運動をし、お昼になったらみんないっしょにご飯を食べ…

家では絶対にできないことですね。

家ではできない集団生活をさせてくれるのが幼稚園であり、集団生活によって社会性を身につけさせることが、幼稚園の役割なのだと私は思います。

人と関わること遊ぶこと、人と同じことをすること、人の気持ちを考えること…

幼稚園でしかできないことを学習させてもらえます。

大人から見たら遊んでいるだけでも、子どもにとっては学習時間となります。

その学習時間を、子どもが楽しめたら、楽しく学べて最高ですね!

 

スポンサーリンク

なんで勉強は家がいいの?

幼稚園では、小さな子どもたちが集団生活を送っています。

季節にちなんだ作品を作ったり、発表会や運動会の練習をしたり、歌を歌ったり紙芝居を見たり、様々なことをします。

私たち大人なら簡単にできることですが、集団行動に不慣れな幼稚園児にとっては、どれもとても大変なものですね。

一つ一つのことにたくさんの時間がかかるでしょう。

その上、幼稚園の時間は学校より短いので、文字や算数の勉強の時間まで十分に作ることは、なかなか厳しいと思います。

その中で、一人一人にあったレベルの勉強をすることは不可能です。

しかし、家であれば、子どもにあったレベルのもの、興味を持っているものなど、その子にあったものを選べます。

お昼寝をしてから、おやつを食べてからなど、その子のペースでできます。

これが、学力を伸ばしたいのであれば、勉強は家庭をメインにする一番の理由です。

 

幼稚園を選ぶ時の注意点

上でお話した通り、勉強は家庭をメインとすると、幼稚園から帰ってきたあとが学力を伸ばすチャンスです。

そのチャンスを物にするためには、幼稚園から元気に帰ってくることが大切になります。

疲れて帰って不機嫌だったり、ママに八つ当たりするようでは、勉強どころではなくなってしまいます。

そうならないための注意点は以下の2つ!

①母親が幼稚園を気に入ること
②子どもが精神的に疲れない系統の幼稚園を選ぶこと

①母親が幼稚園を気に入ること

子どもは、大人の不満や不安を敏感に察知してしまいます。

特に大好きなママのことは、よく見ていますよね。

ママの敵は僕・私の敵!と言っても過言ではないでしょう。

ママの嫌いな幼稚園、つまり敵地に預けられるのは、相当なストレスになるはずです。

ストレスを抱えていると、勉強どころではなくなってしまうかもしれません。

そうならないためにも、気に入るまではいかなくても、納得して預けられる幼稚園にしましょう。

母親が幼稚園を信頼して、安心して預けていれば、その点で子どもがストレスを感じることはありません。

最初は慣れない場所に戸惑うこと、母親と離れることが不安になることはあっても、幼稚園自体は敵にならないのです。

母親がどーんと構えて送り迎えすれば、子どもも安心して通ってくれるようになります。

幼稚園のいいところを話してあげるのもいいですね!

私は、幼稚園のいいところを褒め、自分が幼稚園で楽しかったことをよく話しました。

幼稚園に良いイメージを持ってもらうことが大切です。

また、どんなに気に入った幼稚園でも、数年間通っていれば、嫌なところも見えてくると思います。

解決できるものなら解決してきっぱり忘れ、解決できないものは子どものいないところで吐き出し、子どもが察してしまうことのないようにしましょう。

どうにもならないことにイライラしていても、何も変わりませんし、その精神状態がプラスに働くことはありません。

気に入らないものに目を向けるより、我が子に目を向ける!私のモットーです。

幼稚園の嫌なところを考えるより、子どもの生活面や学習のことを考えていたほうが、有意義な時間になります。

一度この幼稚園にすると決めたら、あとは家庭での生活の充実を考えていきましょう。

②子どもが精神的に疲れない系統の幼稚園を選ぶこと

幼稚園選びの記事や質問で、よくのびのび系やお勉強系といったワードが出てきますが、その二つに優劣はありません。

そもそも、様々な特色がある幼稚園を、二つに分類できるわけがありません。

ですが、通う候補の幼稚園がどのような系統なのかは、知っていたほうが良いと思います。

「この幼稚園は、園庭をはだしで駆け回るのびのびとした教育をするんだな」

「この幼稚園は、体操に力を入れて、倒立ができるようになる子もいるんだな」

「この幼稚園は、時計の読み方や、文字の書き方を教えるんだな」

「この幼稚園は、靴はそろえるなど礼儀作法に力を入れるんだな」

など、大まかな系統を掴んでおきます。

そして、自分の子が、どの系統の幼稚園なら、ストレスなく過ごせるのか考えます

幼稚園での遊びや運動で体力的に疲れるのは仕方ありません。

ですが、合わない系統の幼稚園で、精神的に疲れてしまっては、家庭での勉強に影響が出ます

走り回るのが大好きな子に礼儀作法メインの幼稚園、運動が苦手で嫌いな子に体操系幼稚園など、真逆となる幼稚園だけは、避けるようにしましょう。

最も、この記事では、学力を伸ばすための選び方を書いているので、苦手なところを伸ばすという趣旨で幼稚園を選ぶのであれば、話は別です。

 

まとめ

幼稚園は楽しく過ごし、勉強は家で!

家での勉強の妨げにならないような幼稚園を選び、ぐんぐんと学力を伸ばしていけるといいですね。

勉強方法については、勉強方法カテゴリーにこれからもどんどん追加していく予定です。

ぜひ、参考にしてみてください♪

 

子どもの成長をサポートする飲み物アスミール!
アスミールは国内製造・国内原料で安心の成長サポート飲料です。
牛乳に混ぜるだけで、子どもに必要な栄養素が約80%摂れます。
さらにDHAEPAも摂れるから、頭脳の成長もサポート!
定期縛りもないので、気軽にお試しできます♪
↓詳しくはこちらから↓
アスミール公式ページ
育児方法
おすすめ通信教育ランキング
第1位 Z会

学力アップしたいならZ会!
しっかり勉強したい子向けの通信教育。
基礎から応用まで幅広い問題が用意されています。
中学受験対策にもおすすめ◎

第2位 進研ゼミ

コスパ最強!
全教科+プログラミング+電子書籍1000冊で月々3740円~
色々なプレゼントが用意されていて、勉強に興味がない子でも取っつきやすい◎

第3位 ポピー

学校のテスト対策ならポピー!
学校で使っている教科書に対応した教材が届きます。
シンプルに主要科目の教材だけなので、リーズナブルで財布にやさしい◎

poccoblog