教科書の落書き|叱るべき理由と叱らなくてもいい理由

スポンサーリンク

息子の教科書に、初めて落書きを発見しました。

思わず「なんで落書きしちゃったの!?」と言ってしまいましたが、叱るのはグッと堪えました。

すぐに叱らなかったのは、自分の教科書に自分で静かに落書きをしているのであれば、誰にも迷惑をかけていないからです。

誰にも迷惑をかけず、危険なこともしていないのなら、まずは理由を聞くべきだと思っています。

叱るのは、理由を聞いてからでも遅くありません。

今回は、息子の落書きの理由や、落書きについて思うことを書いていきます。

 

スポンサーリンク

息子の落書き

息子の落書きはこちら↓

これは、道徳の教科書です。

知らない男の人に道を尋ねられたらどうしますか?という内容です。

それに対して「ナビで行け」と落書きしてあります。

「ナビで行け」以外にも「わかるわけないだろ」などのツッコミが多数…

 

スポンサーリンク

息子が落書きをした理由

まずは、私と息子の会話劇場です(笑)

私 :これ、落書きしたの?
息子:うん。
私 :ナビで行けってたしかにそうだね。でも、なんで教科書に書いてるの?
息子:暇だったから。
私 :この問題、早くできちゃった?それともわからなかった?
息子:わからなかった。
私 :〇〇(息子)は道を聞かれたときどうするの?
息子:めんどくさいから無視する。
私 :お菓子あげるから教えてって言われたら?
息子:家にあるから無視する。
私 :ママが病院にいるから来てって言われたら?
息子:家にいるから無視する。
私 :もしも本当に道がわからない人だったら、その人困っちゃわない?
息子:車だからナビがある。
私 :ナビがなかったら?
息子:スマホで調べればいいじゃん。
私 :スマホもなかったら?
息子:子どもに聞くより大人に聞けって思う。
私 :そこまで意見があるなら、わからないってことはなかったんじゃない?
息子:そうなの?ナビで行けって言ったら、間違いだって言われると思った。

このあとも会話は続きましたが、道徳的なお話になったので端折ります。

ここまでの会話でわかったことは、息子は理想的な解答がわからないけれど、自分の思うことはあったから、それを教科書に書いていたということです。

自分の考えを書く紙には、自信がないから書きたくなかったのでしょう。

道徳らしい解答を教えたことはあったのですが、どうやら息子には正確に伝わっていなかったか、忘れてしまったようです。

 

叱るべき落書き

落書きをしかったほうがいい場合とは、どんなときなのでしょうか?

私が叱ったほうがいいと思う落書きは、以下の3点です。

・誰かが不快になるもの
・自分のもの以外へのもの
・読めなくなるほどのもの

では、それぞれの理由を説明します。

誰かが不快になるもの

他人が見たときに、不快に思うような内容の落書きは、すべきではありません。

「○○気持ち悪い」などいじめになるものや、保健の授業の範囲を超えた内容のもの、人種差別や宗教批判など、倫理的に問題となることを書いていれば叱ってやめさせます。

落書き以前の問題ですね。

自分のもの以外へのもの

他人の教科書やノートへの落書きは、器物損壊だと思います。

大人が他人の所有物に落書きをしたら、訴えられる可能性があります。

大人なら犯罪となることを、子どもだからと許していては、その子のためになりません。

他人に迷惑をかける行為は、叱って正してあげるのが親の務めだと思います。

読めなくなるほどのもの

文字を塗りつぶすなど、読めなくなるほどの落書きも叱ります。

理由は、読めなくなれば教科書としての機能がなくなり、買い直すことになるからです。

必要のない出費をさせる時点でアウト!
物は大切に!

 

息子を叱らなかった理由

叱るべき3点に当てはまらない

私が息子を叱らなかった理由は、上記の叱るべき3点のどれにも当てはまらないからです。

人を傷つけるような落書きではないし、自分の教科書だし、教科書はちゃんと使える状態です。

誰にも迷惑をかけていないので良しとしました。

授業中の落書きなので、もしかしたら先生は不快だったかもしれませんが、わからなくて暇だったという理由の落書きは、私の責任であると思います。

今回の落書きでは、知らない人について行ってはいけないことは教えていましたが、その理由まで息子に伝わっていなかったことがわかります。

自分の落ち度を無視して、息子を叱る気にはなれませんでした。

書き込みはしてほしい

先生が口頭で伝えたものを教科書にメモしたり、大事なところにマーカーを引くなど、教科書への書き込みはしてほしいものです。

逆に、授業の内容と全く関係のない絵を描いていたら、そんなことするより授業を真面目に聞いてくれと思います。

落書きそのものに対して怒るというよりは、絵を描いていて授業をちゃんと聞いていないであろうことに、怒りがわいてくるのではないでしょうか?

そこで、授業をちゃんと聞いてほしくて「落書きをしないで授業を聞きなさい」と叱ったとします。

叱られた子どもが「授業は集中して聞かなきゃいけないんだ」と受け取ってくれればいいのですが、たいていの子は「落書きをしてはいけないんだ」と受け取ると思います。

そして「絵は自由帳があるんだから、自由帳に書きなさい」と言えば、「落書きをしてはいけないんだ」は「教科書に書いてはいけないんだ」に変換されます。

そう変換されてしまったら、先生が口頭で伝えたものを教科書にメモしたり、大事なところにマーカーを引くなど、教科書への書き込みを躊躇するようになってしまうかもしれません。

私は、自分の説明で、まだ幼い子どもに落書きと書き込みの境界線を教え、落書きをしていたことの何がいけないのかを、正確に伝える自信はありません。

知らない人についていかない理由を理解していなかった息子が、落書きについてきちんと理解するとは思えない…

落書きを叱ったら、きちんと伝わらなくて、単に「教科書に書いてはいけない」と受け取られてしまうような気がします。

だから、教科書への書き込みを制限しないためにも、落書きを叱ることはしないでおこうと思っています。

もちろん、してはいけない種類の落書きの話はしてあります。

 

まとめ

「ナビで行け」が衝撃的でおもしろかったので記事にしようと思ったら、思っていたよりも真面目な方向にいってしまいました。

叱るべき落書きに該当しない限り、私は落書きに関しては叱らないことにしています。

落書きの有無が成績に直結すると思えないことも、1つの理由ではあります。

頭のいい子でも、教科書に落書きする子はしていましたから(笑)

そして、どうせ書くなら、落書きがTwitterで拡散されるほどの腕前になってほしいものです。

ひとりごと
おすすめ通信教育ランキング
第1位 Z会

学力アップしたいならZ会!
しっかり勉強したい子向けの通信教育。
基礎から応用まで幅広い問題が用意されています。
中学受験対策にもおすすめ◎

第2位 進研ゼミ

コスパ最強!
全教科+プログラミング+電子書籍1000冊で月々3740円~
色々なプレゼントが用意されていて、勉強に興味がない子でも取っつきやすい◎

第3位 ポピー

学校のテスト対策ならポピー!
学校で使っている教科書に対応した教材が届きます。
シンプルに主要科目の教材だけなので、リーズナブルで財布にやさしい◎

poccoblog