全国統一小学生テスト|小学校1年生(11月)結果公開

結果

算数偏差値  66.8
国語偏差値  65.6
二教科偏差値 67.8

 

受験した日

2018年11月に受験しました。

 

まとめ

感想

二教科ともしっかりと偏差値65以上を取ってきてくれました。

順位も166位と好成績です。

全国統一小学生テスト用の勉強はしていないのですが、毎日のように漢字検定と算数検定に向けた勉強をして、それ以外にも気に入った教材の問題を解いたりと、ずっと努力しているのを見てきました。

本人は好きでやっているだけなのですが、私はやっと息子の努力が報われたと感じ、とてもうれしかったです。

でも、息子はこの成績に満足していません。

もっと上位に入りたいそうですが、それはかなり厳しいと思います。

なぜなら、今回のテストで、息子は算数4問と国語2問しか間違えていないからです。

しかも、その間違えた6問のうち、5問は正答率30%以下の難しい問題でした。

もっと上位に入るためには、その難しい問題を正解していかなければなりません。

やっぱり厳しい…
順位にこだわりすぎて無理しないでね!

声かけ

テストのときの声かけは、いったい何が正解なのでしょうか?

以前、日能研の親向けのセミナー(?)で「計算ミスしないでね!」と言ってはダメだと教えていただきました。

計算ミスしないように言うと、返って計算ミスしてくるそうです。

そのときの先生の例えがとても印象的で、テスト前には必ず私の頭の中によみがえってきます。

「“ゾウを想像しないでください”どうですか?今、お母さん方の頭の中には、ゾウがイメージされているでしょう?」

と言われ、そのとき私の頭の中には、バッチリピンクのゾウがいらっしゃいました(笑)

○○しないでと言われると、むしろしたくなる、してしまうのが人間だそう。

その話を聞いてからは、○○しないでという言い方はしないように気を付けています。

例えば、計算ミスしてほしくないときは「丁寧に計算してきてね」とか「見直ししてね」とか言うといいと思います。

それから、○○しないでを避けたとしても、「計算ミスに気を付けてね」など、マイナスなイメージの言葉を入れないようにも気を付けています。

それでも計算ミスはしてきますし、たくさん失敗もしてきます。

でも、マイナスなことを言われなければ、気分良くテストを受けられるというメリットもあります。

特待生

今回のテストの結果、臨海セミナーさんから特待生のお話をいただき、息子が通いたいと言うので2月から通塾することになりました。

↓特待制度についてはこちら↓

中学受験|塾の特待制度!特待生になるには?臨海セミナーの場合
とってもお得な塾の特待制度! この記事では、臨海セミナーの気になる制度の内容や基準を書いていきます。

我が家は、中学受験に対応している塾に通うには、どの塾を選んでも車で10~15分はかかります。

新2年生の授業は40分だけなので、一度帰る意味もありません。

往復時間+授業時間で、毎週1時間ちょっとかかることになります。

新2年生から通塾をスタートすると、それが5年間…

運転は嫌いだし待ち時間があるしで迷いましたが、結局は息子の気持ち優先で通うことに決めました。

通塾して何か変わるのか、楽しみにしながら送迎をしたいと思います。

※この記事は過去をさかのぼって書いています。
 

他の子と差をつけたいなら子供新聞!
読売KODOMO新聞なら、1週間に1回のお届けで無理ないペースで読めます。
しかも、1ヶ月550円で続けやすい!
新聞を読んで読む力をつけませんか?
どの教科でも日本語を読むから、読む力がある子は成績が伸びやすくなります。
テストを解くスピードアップ!
スピードアップすれば点数アップ♪
↓詳しくはこちらから↓
読売KODOMO新聞公式ページ
息子の成績
おすすめ通信教育ランキング
第1位 Z会

学力アップしたいならZ会!
しっかり勉強したい子向けの通信教育。
基礎から応用まで幅広い問題が用意されています。
中学受験対策にもおすすめ◎

第2位 進研ゼミ

コスパ最強!
全教科+プログラミング+電子書籍1000冊で月々3740円~
色々なプレゼントが用意されていて、勉強に興味がない子でも取っつきやすい◎

第3位 ポピー

学校のテスト対策ならポピー!
学校で使っている教科書に対応した教材が届きます。
シンプルに主要科目の教材だけなので、リーズナブルで財布にやさしい◎

poccoblog